前へ
次へ

離婚裁判のメリットとデメリット

離婚裁判にはいろいろな有益性があります。 まず法定強制力があります。 単純な話し合いとは異なり、裁判

more

離婚裁判は弁護士をたてなくても出来るのか

これまで共にしてきたパートナーと残念ながら離婚をしてしまうことになり、財産分与や子供の親権などについ

more

離婚裁判のデメリット

離婚裁判は、デメリットもさまざまあります。 まず時間と費用が掛かることです。 離婚裁判は1年以上掛か

more

離婚裁判をする前に知っておきたいあれこれ

離婚したい場合、まずは最初に話し合いがなされますが、それでもなんともならなければ調停離婚などの選択肢があります。しかしながら調停ではうまくいかない場合もあり、その際に利用されるのが訴訟、つまり裁判を利用して離婚するという方法です。だから、最初から離婚裁判をすることができるわけではなく、まずはその前段階として調停手続きをしておかなければならないことに原則的にはなっています。離婚裁判の場合、まずは裁判所に訴訟を提起し、その後裁判期日が決まります。期日が決まったらその日に当事者が自分の主張や、正統性などの立証をおこないます。裁判なので白黒はっきりさせられることもありますが、裁判所の方から和解が提案される場合もあります。その際、和解案に双方が合意すれば、和解によって離婚が成立し、慰謝料などの支払いもそこからどんどん決められていきます。ただ、和解が提案されたからと言って、絶対に和解しなければならないというわけではないので、その点はよく理解しておきましょう。その内容に合意・同意できない場合は若いする必要はなく、その後裁判所が離婚の可否や慰謝料をどれくらいにするのかなどが決まります。

岡山県で総合的に買取してくれるリサイクルショップ

https://www.recyclejapan.jp/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C/
大阪でオススメのリサイクルショップは?なんでも買い取ってくれるこちらをチェック↑

大量の事務用品が高額で売れます
1点1点しっかりと査定いたします

東京で家電の高額買取なら
リサイクルジャパンがオススメです!

粗大ごみの回収は専門業者にお任せ
捨てるのが面倒な方はご連絡ください

家電製品の高価買取なら京都リサイクルジャパン

もちろん、離婚裁判の結果に対して満足できるものであれば、そのままその内容に従えば基本的には問題ありません。しかしもしその内容に対して不満を感じている時などは、判決書が届いてから2週間以内に控訴を提起することができるようになっています。また、基本的にはおやすみ裁判の前に調停をしなければならないのですが、相手が行方不明で所在がわからない時などは、調停をすることもできません。この場合は調停することができないので離婚裁判を起こすことができないかと言ったら決してそうではなく、実際には調停をすることなく裁判をおこなうことも可能です。ただ例外なので、これがメジャーな方法だとは思わないようにしましょう。基本的に裁判ではいろいろな手続きなどだけでなく、相手の合意が得られない場合も多々あるので、1年ほど決着がつくまでに時間がかかることも珍しくありません。スムーズに離婚するためにも、また何か失敗をしてしまわないようにするためにも、自分だけでなんとかしようとするのではなく、弁護士に相談するほうがより安心です。

Page Top